忍者ブログ
こんな日もあるさ
カテゴリー
* 雑談(252) * バトン(16) * 版権話(83) * 絵だったり写真だったり(58) * イベント(52) * サイト関連(55) * 私立天正学園高校(天正やおよろず)(1) * きみのて(天正やおよろず) (11) * 短編小説 起動戦士ガンダム00(20) * 空に似ている(ガンダム00)(7) * ソレスタ保育園へようこそ!(ガンダム00)(2) * お題 臆病な恋で10のお題(ガンダム00)(5) * ガンダム00学園編(1) * 短編小説 (その他)(8) * 貰い物(3) * 捧げ物(4) * 漫画(4)
  カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  フリーエリア
blogram投票ボタン
  最新コメント
[07/05 タ子]
[04/13 神無月 夕弥(管理人)]
[04/13 神無月 夕弥(管理人)]
[04/13 タ子]
[04/13 タ子]
  最新記事
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
神無月 夕弥
性別:
女性
職業:
プー子
自己紹介:
晴れの国在住。
最近”腐”の道に進みつつある女子
マイペースに更新していきます。
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス解析
  カウンター
[507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500] [499] [498] [497]
2019/09/16 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/08/26 (Thu)

久しぶりで大変申し訳ありません、夕弥です。
最近ツイッターやみくしぃを始めまして。
日記が疎かになりつつあります……(ノ∀`)アチャー

みくしぃについては今更感が満載ですが、のろのろ更新しています。

はっ、インテの内容についてもレポしなきゃだ!Σ(゜Д゜)ガビン
まあその前にだむおー長編小説を更新です。

はじめに言っておきますが、今回はいつもと違って血生臭いシーンがあります。
流血っていうか、爆血(?)っていうか。
あと倫理的に良くないシーンもありますので15歳未満のお友達はご遠慮くださいー。
まー、ここに来ている時点で15歳以上だとは思いますが……思いますが……そうだよね?

ゆるゆる更新しますので次はいつになるかは不明です。

つづきからご覧くださいー。



[5] 戦闘開始の合図

 そこはアイルランドより遥かに南に位置していた。
 常に空気は乾き、風で小さな砂粒が踊るように舞う。カサカサと軽い音を立て、捨てられた紙切れが転がっていく。扉さえも朽ちた石壁の廃墟に、その男はいた。
 粗野な風貌に赤獅子の様な真っ赤な髪。寝台に申し訳程度に敷いた毛布の上で、彼は酒瓶を煽った。
「いない、ってどういうことだ?」
 目の前に立っていた少年が、怯えたように肩を竦める。
「あ、あの……。難民船に乗った所までは判ったんですが」
 ガシャン、と酒瓶を強く台に置く。ガタガタと吸いカスだらけの灰皿が揺れた。
「それで?」
 薄い唇が、凶暴に嗤う。ガクガクと膝を鳴らしながら、その目の前の少年は健気にも立ち続けていた。
「ふぅん。あいつの価値は、お前は判ってんのか?」
「“地図”を持っているとしか……」
 大きな音が辺りを包んだ。ひ、と少年が小さく喉を揺らす。赤い酒が床へと染み込んでいく。少年は思わず床へと這い蹲った。
「そぉだ、“地図”だ」
 苛立つ様に、その男は少年の様子を見下ろした。
 この少年なんかは、味わった事のないであろう、ここで手に入る最上級の、水。少年はも用無しになった酒を手に入れようと床を舐めだした。アルコールの匂いが鼻に付く。少年は人生で初めての味のある水に、歓喜にも似た表情をした。
 ばしゃん、と泥まみれの靴を酒の中に入れる。少年は気にする様子もなく、土交じりの酒を嬉しそうに舐めている。
「この世界が手に入るとまでされた“地図”だ。お前なんかが何百人と死んでも償えきれない強烈にして最強の“地図”だ!」
 勢いに任せて男は利き手に持った白銀の刃を少年へと刺しつけた。
「あ……あああああああ!」
 深々と刺さったナイフを抜く。びくん、と少年の身体は反応するように仰け反る。
 少し位置をずらし、また同じくらい深く少年の背へと刃を突き立てる。気管を傷つけられ、少年は大量の血液を吐き出した。
「それを!」
 もう一度。
「いないで!」
 また、一度。
「すませるのか!」
 遂に刃が肺を貫いた。痛みと呼吸困難で少年の身体が痙攣する。
 既に意識はない。しかし、あまりの痛みで叫び泣いた顔は、何かを嘲笑っているかのように歪んでいた。
 ごろり、と床に転がる少年の亡骸を、男は舌打ちをして蹴り飛ばした。
「おい!」
 男が叫ぶと、何人かの少年が音もなく現れる。
「汚れた。片付けておけ」
「はい」
 一番年長の少年が返事をする。まだ幼い子供達は、見知った少年の死体を見て唇を噛んだ。
 男がジャンバーを取り上げる。
「どこかへ?」
「ちょっと出てくる。帰りは気にするな」
「はい」
 男が出て行ったあと、最年長の少年は死んだ少年の足を掴み、そのまま引きずっていく。
「お兄ちゃん」
「なに?」
「ユラ、死んじゃったの?」
「そうだな」
 ユラというのは死んだ少年の名だろう。お兄ちゃんと呼ばれた少年は感情もなく答える。
「なんで?」
「罪を犯したからだ」
 違う少年が反応する。
「罪って、なあに?」
 考えるように宙を見て、その答えとは別の言葉を少年は口にした。
「心配はない。ユラは神様の所へ行ったんだ。それより、早く片付けろ。今日は晩飯が一人分多い」
 ぱっと少年達の顔に笑顔がともる。
「晩御飯、多いの?」
「ああ」
「やったあ!」
 そのまま少年はずるずるとユラの死体を死体置き場まで引きずる。後ろからは、夕食の事を楽しそうに語る少年達の声が聞こえる。
「知り合いが死んで、喜ぶ、か」
 自分で言っていて吐き気がする。
「神様なんて、誰が見たって言うんだよ」
 冷たい肉隗になった友人を引きずって、死体置き場まで連れて行く。肉の腐った匂いが鼻腔をくすぐった。
 ユラは、一人の少年の友人だった。……優しい、奴だった。
「ソラン・イブラヒム」
 少年が名を呟く。
「ソラン、お前がユラを、友人を殺したんだ」
 少年の目に、殺意がともった。
「この世界に、神はいないとお前は言った」
 誰かに語るように、少年は呟く。
「歪んでいる、それは世界もお前も同じだ。そして、友人の死を悲しめない弟達もな」
死体置き場につくと、小さな獣達がこぞって逃げていく。この厳しい環境の中で生き残った獣だ。
「ソラン」
 ユラをそこに投げ、小さく呟く。
 ユラは、彼にとっても友人だった。そして同じくソランも。
「お前は、神を信じず誰を信じる?」
 そして少年はその場を立ち去り、それっきり、ここに戻ってくる事はなかった。
 弟達は、二人分多い夕食に、兄貴分の少年がいなくなったことは忘れていった。

 

 ざああ、と熱いお湯が掛けられる。
 顔を上げてロックオンを見ると、シャンプーを手にうきうきと近づいてきた。
「さあ、刹那。髪を洗うぞ」
「お前は髪を洗うのが好きだな」
「そりゃそうだ」
 そう言って刹那の髪へと手を入れる。別に拒みもせずに、素直に従う。
「知ってるか? 髪を触れるって事は特別なんだぜ」
 そう言って鼻歌交じりに髪を洗う。リンスまで終えると、ロックオンは刹那の背中を軽く叩いた。
「はい、終了。しっかり温まれよ」
 そう言って、そのまま風呂場を後にしようとする。
「ロックオン」
「ん?」
 刹那に呼び止められ、笑顔で振り向く。
「お前は、風呂に入らないのか?」
 いつも刹那を洗ってくれるが、一緒に入った事はない。それどころか、ロックオンは刹那の前で脱ごうともしなかった。
「……入ってるよ。ちゃんと」
「そうか」
 それだけで会話は終わる。そして無言でその場を後にする。
脱衣所で、ロックオンは濡れたTシャツを脱いだ。
背中に、大きく刺青が見える。それは、刹那の肩にあるものと似ていたが、大きさが、まるで違った。
ロックオンは簡単に身体を拭くと、無表情で自分の身体を眺める。醜い、獣のような刺青。物心付いた時は、既にあった。弟にも、妹にもない。自分だけの印。
 刹那に肩の刺青の事を訊きたいと思った。
 同じものなら……。
 そっと鏡の中の自分に手を置く。
「そんな偶然、あるわけないよな」
 そう言って服を着る。刹那が寝たら、また自分も風呂に入ろう。


「せ、つ、な」
 風呂の中で小さく名を呟く。笑顔で、名前を付けてくれた。
「そ、ら、ん」
 もうひとつの名を呟く。この名をつけたとき、名付け親はどんな顔をしたのだろう。
「ゆ、ら」
 どうなっただろうか。実は彼は自分の逃亡に手を貸してくれたのだ。
「ろ、っ、く、お、ん」
 なんでこんなに尽くしてくれるのだろう。仕事場には、いつ連れて行ってもらえるだろうか。
 最後に頭に浮かんだ男の名を紡ぐ前に口を閉ざした。
 彼の名は、口にしてはいけないような気がした。
「アリー・アル・サーシェス……」
 しかし、小さく口にする。きっと、彼は自分を追う。凶暴な目が、頭から離れない。
 最後に、ちらりと浮かんだ小さな戦友の姿を思い出し、次にユラの顔を思い、目を閉じた。

 

**********

アリーさんが出てきたら血生臭くなるのは仕方ないよね!
開き直りとはこのことですが。
オリキャラ多くてごめんなさい。
ばっさばっさ殺してごめんなさい。

**********

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *