忍者ブログ
こんな日もあるさ
カテゴリー
* 雑談(252) * バトン(16) * 版権話(83) * 絵だったり写真だったり(58) * イベント(52) * サイト関連(55) * 私立天正学園高校(天正やおよろず)(1) * きみのて(天正やおよろず) (11) * 短編小説 起動戦士ガンダム00(20) * 空に似ている(ガンダム00)(7) * ソレスタ保育園へようこそ!(ガンダム00)(2) * お題 臆病な恋で10のお題(ガンダム00)(5) * ガンダム00学園編(1) * 短編小説 (その他)(8) * 貰い物(3) * 捧げ物(4) * 漫画(4)
  カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  フリーエリア
blogram投票ボタン
  最新コメント
[07/05 タ子]
[04/13 神無月 夕弥(管理人)]
[04/13 神無月 夕弥(管理人)]
[04/13 タ子]
[04/13 タ子]
  最新記事
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
神無月 夕弥
性別:
女性
職業:
プー子
自己紹介:
晴れの国在住。
最近”腐”の道に進みつつある女子
マイペースに更新していきます。
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス解析
  カウンター
[542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/13 (Mon)


だむおーパロ新シリーズ始めました(中華まんじゃないんだから)

なんかパロディーしか書いてない気が……キノセイデスヨネ

今回は現在です!ほのぼのです!ロク刹です!
内容としては、「保育園」がテーマになってます。

いやね!タ子ちゃんから借りた保育園もののBLが超ツボで!
子供っていいなー、とか思っちゃって!
むしろ幼児刹那って可愛くね? とか思っちゃって!
そしたら断然保父さんはニールだよね、とか思っちゃって!

仕方ないですよね!!(なにが)

もう開き直ってがつがついきたいと思います。
でもロク刹とか言いつつラヴはないと思います。
てかあっちゃだめだろ。ないない。


しばらくカテゴリーにNEW!と付けておきます。
あ、カテゴリー編集しました。
と、言っても「長編小説」ってのを取っただけですが。
書いてないものは長編になります。
短編はまとめてるしね。

ではでは、これからタ子ちゃん来るんで待ち構えておこうと思います。
クチコミ原稿ペン入れしてくれるかな?(こら

つづきからどうぞ~♪♪




[1]  マイナスからのスタートダッシュ

「せ、つ、な」
 拙い字で一文字ずつクレヨンで書いていく。
「が、ん、だ、む」
 よくよく聞かないと判らないが若干楽しそうにさっきよりも丁寧に一文字ずつ綴っていく。
「え、く、し、あ」
 うん、うん。頑張ってる。“え”とか“あ”とか難しいのにな。その後下の方にアニメのエクシアを描いていく。やたらとガンダムに関わる事は器用なんだよ、この子は。
「せ~つ~な~くんっ」
 仕事用の声で彼に声を掛けた。彼、こと刹那・F・セイエイくんが振り向く。ここ数ヶ月で鍛えた目では一仕事を終えて充実感を感じてる顔だ。見た目無表情だけど。
「何をしているのかな?」
 そう言って目線を合わせるように俺は笑顔でしゃがみ込んだ。刹那は意気揚々として俺に向き直った。
「にーる。えっとな、字のれんしゅうをしてるんだ」
 たどたどしくそう答えてくれる。俺は笑みを深くして手を伸ばす。
「へぇ~、凄いねぇ。字の練習をしてるんだ。うん、よく書けてるな」
 うん、若干3歳にしてひらがなが書けるのは大変素晴らしい。刹那は褒められて嬉しそうに目を輝かす。そのまま伸ばした手で……刹那の額にでこピンを喰らわせた。
「でもな、壁に書くな壁に。誰が掃除すると思ってんだ、あ?」
 ピシン、と額を叩いて涙目になってる刹那を抱え上げる。じたばたを足を動かす刹那を問答無用で連れて行く。
「にーるぅ!」
「ニール先生、な。それもいい加減に覚えろ」
 腕の中で足をぷらぷらさせる刹那を教室の中に放り込む。
「ほら、クリスティナ先生に画用紙貰ってそれに描きなさい。あとで花丸やるから」
 扉を閉めるとぷぅ、と不満そうに頬を膨らませてそれでも素直にクリスの方に駆けて行った。あー、これから壁掃除か。面倒臭ぇなぁ。
「ニール先生―。ハレルヤがぶったぁ!」
「はーい! 今行くよっ! くそったれが」
 最後を口の中で呟いて俺はモップを持って駆け出した。子生意気な顔をした顔の右半分を出した金目の用事がジャングルジムに逃げ込む。あーぁ、何してんだ俺は。

 

 ここ、保育園「ソレスタル・ビーイング」。通称ソレスタ保育園にアルバイトとして勤めだしてもう3ヶ月になる。22歳で大学を普通に出た俺、ニール・ディランディは金融企業へと就職した、それも結構大手に。で平均的に見ればもう後は良い娘でも見つけて結婚でもしようか。でもまだ20代前半だしまだ遊びたいな~、って所だろうな。
 しかしそんな明るい未来は若干半年で崩れた。俺の部署の責任者が金を横流ししていたのがバレ、俺達の部署全員が解雇されると言う事件が起こったのだ。それなりに結構大きくメディアでも取り上げられ、事件当事者と言うレッテルと共に社会に放りだされ、とりあえず食い扶持だけは稼がないと、と知り合いの伝でこの保育園に不承不承も再就職したのだ。
 もちろん保育士免許なんて持ってないから正社員じゃなくアルバイト雇用だ。責任もかせられないが、込み入った仕事は出来ない。だからいつまでたっても時給だし、やる事は子供の相手と雑用だ。何が悲しくて22歳の大の男が子供の相手をしなきゃいけないんだ、と日々嘆きながらも職種を選ぶ自由もない俺はキリキリの生活の中就職活動と保父さんの二束わらじを送っている。
 そんな若干自分でも可哀想な自分を慰めながら、壁を擦る。最近は水性のクレヨンも発売され、そんなに力を入れて擦らなくてもいいんだが、結構壁がでこぼこだから隅まで掃除をするのは大変だ。その上掃除をしたところだけ白く浮き上がるのもおかしい。だから結局大掃除振りに壁の掃除へと移った。
 それから1時間、俺はぴかぴかになった壁に満足して息をつく。そこで初めて刹那が後ろに立ってるのに気付いた。
「お、刹那。また出てきたのか。なんだ? ぶーんでもして欲しいのか?」
 ぶーんと言うのは両手を持ってぐるぐる廻す人気の遊びだ。けっこう3歳児と言えども重い。だから基本的にそういう遊びは男の俺担当になってくる。
 刹那はじっと、俺と壁を見比べ、小さく俯いた。なんか落ち込んでいるらしい。
「どうした、刹那?」
 傍によってしゃがみ込むと悲痛そうな顔で唇を噛んでいた。
「おーい、刹那く~ん?」
 頭をぐりぐりかき回すように撫で付けると刹那の片目からぽろりと涙が一粒流れた。
「……えくしあ」
 ぐしぐしと鼻を啜りながら一言呟く。俺は壁を見てなんとなく察した。刹那はもう一言「消した」と呟くと本格的に泣き出した。
「あのな、刹那。ここはお絵かきする場所じゃないんだぞ? 判るか?」
 仕方なくそう言いながら顔を覗き込むが小さく泣いていたのが声が大きくなるという結果が待っているだけだった。
「せつな~、どうしたの~?」
 ピンクの髪を二つに結った子供が心配そうに駆け寄ってくる。それをきっかけにわやわやと廻りに子供がまとわりついてくる。
「にーるがえくしあ消したぁ」
 そう言ってふえええ、と泣き出す。
 あー、えーっと、俺が悪いんですか? とりあえずよしよしと抱き締めると俺が原因にも関わらず縋りつくようにシャツに顔を埋めてくる。ああ、涙と鼻水がつく。
「せつなぁ、泣かないで~」
 フェルトが小さな手を刹那の頭に置いた後責めるように俺を見る。だから、壁に描くなって。言っても無駄だろうなぁ。
「わかった! 刹那、俺が悪かった! ごめん」
 諦めたようにそう言って背中を叩く。
「悪かったから、な。後で紙に描いたエクシア見せて、な?」
 そう言って刹那をあやす。ぐすん、と大きく鼻を啜る刹那を抱き上げ、子供たちを掻き分けてとりあえず教室へと移動する。
 刹那はそれからお昼寝の時間になるまで俺を離してくれなかった。いつもはだっこすると嫌がるが、嘘のように大人しく腕の中に納まっている。
 あー、仕事が停滞する。
 結局俺が保育園を出たのは夜9時を過ぎてになった。まあいつもコレくらいになるんだが。アルバイトなのに残業って……。本命の就職活動はどうやらまだ先になりそうだ。
「いつか返り咲いてやるからなー!」
 月に向かって叫ぶと近所から「うるせぇ!」の怒号と共に缶が飛んできた。見事に俺の頭にヒットする。……くそう、負けるもんか、ぐすん。





**********

最近一人称が好きかもです。
でも一人の目線でしか書けないので長編書くときはやっかいです。
いずれ幼児刹那の一人称とか書いてみたいな。
ひらがな多そう!
あ、保育士免許なくても保育園でアルバイト実際できるかはわかりません。
多分出来なさそう……?;;
二次元って事で勘弁してください^^;

**********

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *